5年という時間

あれからもう5年。まだ、5年。
私は体験者ではないけど、あの日のことをはっきり覚えています。

あの日は仕事が暇で、店長に早いけど上がっていいよって言われた。
私も喜んで、ラッキーって感じでお店をあとにしました。
電車に乗って、ツイッターを見たら、なんだかえらいことに・・・

「急いで高台へ」

何か大変なことが起きてる??

それが、東日本大震災を知った、最初の情報でした。
そして、自宅に戻って、テレビを見て震えた。
何?何?
津波って、こんなに凄いの?って。
でもその時はまだ、洪水ッて感じでみてた。

津波の規模は、とんでもなかった。
どの局も余震を映しながら、被害の状況を伝えていました。

正直、怖かった。
そして、なんとかしたかった。
何もできないけど、何かしたかった。

ショックで、眠れず、ずっと居間のソファで寝てた。
もし、現地へ行けるのなら。
救助の訓練やってたから。
少しでも、何かできるならと。

今思えば、全然備えなんてできてなかった。
装備は全然、揃ってない。
今でも、救助犬として現場へ行くのなら、装備不足はいなめない。
ダメだな、私、備えができてない。。
成長できてないな。。。

日本で起きる大規模地震の予想の確率はどんどん高くなっています。
関東でもそう。
南海でもそう。

岡山でも昔の南海地震で津波が来て、死者のでる被害が起きています。
岡山は災害が少ないからといって、油断は禁物ですよね。

今はまだ小さな息子がいる。
今、もし大規模な地震が起きたら、この子を守っていかないといけない。

子供が産まれて、今までになかった防災の視点ができた。

私には、まだまだ足りないものだらけです。
所属するチームも発足して5年。
こちらは、急速に成長している感じ。
横のつながりと、縦のつながり。
これがまとまると、日本の救助犬の文化の礎が出来るんじゃないかな。

私は自分のできることを、コツコツと頑張る。
犬を連れて現場へ出ることだけがチームに所属する意味ではない。
チームにいて自分に出来ることでサポートすることも、とても大切なこと。
今はね。
現場を諦めてるわけじゃないけど。
「チーム」が大事なんだって、心から思う。


震災にはいろんな思いがこみ上げます。
どうか、少しでも心に安らぐ時間が訪れますように。



にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
にほんブログ村


[PR]
by Photto_dog | 2016-03-11 23:14 | 私のつぶやき | Comments(0)