明けましておめでとうございます。
今年も、どうぞよろしくお願いします。

正月は実家でのんびりと過ごさせていただきました♪

仕事も始まり、正月ムードは消え・・・
やっと行きたかった登山に行ってきました!

なんと、冬山で初単独登山です~!
とは言っても、結月を連れていきましたけどね。。
他の登山者の迷惑にならないように注意しながら。
幅の狭いトレース。。
人との擦れ違いには、結月をトレースの脇の雪に上がらせて伏せさせていました。

今日の大山、天気予報は晴れ。
でも、高気圧は早足で抜けると・・・

f0206270_20303288.jpg

岡山から向かう途中、すっぽりと笠をかぶる大山さん♪
いや~ん、怖い~ww

駐車場に着くと、車がいっぱい。。
晴れてるから、狙ってくる人は多いよねぇ。
犬連れてるから一瞬ひるんだけど・・・
迷惑かけないように。。。と。。

登山届もちゃんと出したし。
無理をしない、を鉄則にわくわくして登山開始~!

5合目くらいまでは、困ることなく頑張れました。
避難小屋のある6合目が一つの起点になるところ。
しかし、5合目から6合目あたりが森林限界点。
だんだんと木々の背が低くなり、6合目から上になると高い木はまったくなくなります。
f0206270_20333858.jpg

f0206270_20343180.jpg

この人が集まってるところが6合目の避難小屋。
小屋も小さいし、その前のスペースも狭い。

そこに10人近くの人がごった返してました。
5合目から6合目に到着するあたりでも、突風がすごくて・・・
私も、強い突風が来たときは顔をそむけて耐える。
結月は、目も開けられないようで、強い風と音、そこに交じる粒粒の雪にビビり私の後ろへ隠れることも。

なんとか6合目までついたものの・・・
この時点で12時。
引き返す時間と、家に帰る時間を考えたら、折り返さなければ・・・
しかも、膝はこれ以上やったら踏ん張りが効かなくなる。
今日は一人だし~、人もごった返してるし~、なんていっても、この突風じゃぁ・・・
独りじゃ怖い・・・
根性なしと思われてもいい。。
今の自分には、無理だ。

と、いうわけで、たくさんの方々が居る中、犬も連れていることだし。
私は一足先に下山へ。

晴れて気温も7度くらいになる予定だったんだけど、吹き付ける風のせいか、体感温度はめちゃくちゃ寒かった。
マイナスだったと思う。
f0206270_20381688.jpg

結月の毛に白いつぶつぶがついているんですけど、これ、雪が体温で溶けてそのまま凍って張り付いてるんです。
おひげも凍るよ♪

下山しつつ、雪玉を投げて遊んだり、大きなキツツキ?を見つけて観察したり♪
一眼レフは重いので置いていったんですけど、野生動物を見つけると・・・
なぜ持って来なかったのかと、めっちゃ後悔しますよねぇ(;;)
登る時には小さなネズミちゃんも見れたし・・・

下山しながら、なんとなく天気が落ち着いてるなって思ってたんですけど・・・
f0206270_20403141.jpg

なんとなんと!!
下山して振り返ると・・・
真っ青に晴れた大山が・・・

まじか・・・

6合目で耐えればよかった・・・

あそこでお昼休憩にしとけば、今頃頂上で・・・

なんて、後の祭りですわ。
留守番組の散歩もあるし。
時間的にも仕方ない。
何より、膝がね。。やっぱり下山途中、厳しい痛みが出てきたので。

今日はこれが限界だったんですよね。

今日の大山は、遅めにスタートした人がラッキーでしたね。


いつか、冬の大山を単独で制覇したいなぁ~


そして、今日もたくさんの登山者の方々と会話しました!
みなさん、お互いの無事を願いつつ・・・

不思議ですよねぇ。
初めて会う方ばっかりなのに、普通に会話できちゃう。
これも登山の楽しみの一つかな♪

次の晴れとお休みが重なるは、いつのことやら・・・

※大山が頂上まで晴れることは、山陰地方での冬季ではとっても貴重なんですよぉ~(++)



にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
にほんブログ村


[PR]
by Photto_dog | 2014-01-07 20:45 | 山・登山 | Comments(2)

美しいものは・・・

日本一美しい山・・・富士山
f0206270_1857455.jpg

遠くから見ると美しいけど・・・
足元は、活火山を思わせる険しい道。。
f0206270_1857543.jpg

私、ちっちぇーなと思った。
そして、山、舐めたらあかんよな、と思ったw

御殿場ルートより



にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
にほんブログ村


[PR]
by Photto_dog | 2013-10-25 18:58 | 山・登山 | Comments(5)

今回は、中蒜山に登った。
台風18号が過ぎて、あまりの天気の良さに家にいると鬱に・・・
山に行かずしてどうする・・・!
ということで、相棒を連れて行ってきました。

登山口は蒜山で有名な塩釜の冷泉。
前回と同じようなルートで登山口探してたら、塩釜冷泉の看板があり、それに沿って進んでいきました。

f0206270_1034960.jpg

登山者専用無料駐車場があり、そこに停める。助かりますねぇ。
綺麗な景色に胸が躍ります。
車もいくつか泊まっています。
下蒜山のときは天候があやしかったけど、この日は気持ちよい晴天。
山頂ではたくさんの登山者がいるんだろうな。

ここのいいところは、登山口にトイレがあるところ!
助かります~♪

f0206270_1052397.jpg
f0206270_1054018.jpg

塩釜冷泉の登山口へ進むまでに道。
さっそくキノコたちがお出迎え~!
たっくさん生えてましたよ~。
良い季節になりました。
f0206270_1061668.jpg

そしてここから!
数メートルだけ水でぐちゃぐちゃ。
相変わらずここの土は、濡れるとよく滑ります。

f0206270_1071227.jpg

f0206270_1072460.jpg

沢をいくつか渡りますが、先日の台風のせいで少々地形が変わったようです。
一瞬、道、どこ?って思いましたが、大丈夫でした。

f0206270_1083450.jpg

このあたりから、斜面がきつくなってきます。
ずっときついですw
木の根っこがすごくて・・・それが、あぁ~山歩いてる!って感じがして楽しかった。
この雰囲気は、下蒜山より好きかも。
雲居平は格別でしたけど。。

f0206270_10104415.jpg

そこで、こんなものを発見。
森のエビフライです♪ここ、リスさんがいるようですね♪

f0206270_10104675.jpg

f0206270_10113571.jpg

f0206270_10111278.jpg

f0206270_1012621.jpg

f0206270_10115047.jpg

f0206270_1012413.jpg

そして、ただひたすら登る。
ただただ、登る・・・
五合目から六合目までがほんの少し緩やかになってるだけで、あとはひたすら登る・・・
結構な斜面をひたすら登る(;;)
途中で休憩をしながら、のんびりしてました。
結月も、山登りの休み方が少しわかってきたようです。
相変わらずさっさと先に行きますが、必ず振り返り私を待ちます。
遅かったら迎にきてくれますw
さらに、私が立ったまま休んでると、自分も行った先で伏せて休んで待っています。
そうそう、そうやって体力温存を覚えて欲しいですね♪

そして、八合目を過ぎたあたりから、木々の背丈が小さくなり直射日光に照らされます。
あっつい・・・
結月の熱中症が心配だったので、木陰に入れながら休み休み登りました。
f0206270_1015129.jpg

目の前に手を出せば斜面に着くくらいの斜度。
振り返ると・・・
f0206270_10154767.jpg

素晴らしい景色!
足元には一瞬ふらっとするけどw
よく、高所恐怖症で登ってるもんだ・・・

f0206270_10161676.jpg

やっとついた・・・
f0206270_1016324.jpg

f0206270_10164291.jpg

↑下蒜山。この前はあのてっぺんでぼ~っとしてた。
縦走路がはっきり見え、すごく気持ちよさそう!
f0206270_10165521.jpg

山頂には5組ほどの登山客が。
私は犬もいるので、人気のない山小屋の横の木陰を陣取りコーヒーを沸かす。
ちょうど時間は12時。いい感じ♪
みんな暑いのに、日向で食べるなんて~・・・
私にはできない(;;)
結月はずーっと伏せて休んでましたよ、ちょっとウトウトもしていました。

この日もたっくさん、いろんな登山者とお話ししました。
犬好きのお兄さんに、結月は撫でてもらい、訓練?で登ってきていた機動隊のお兄さんにも犬だ犬だとみてもらいw
私が一人なもんで、登山の何かのクラブ?のおじさまが中蒜山の道はすべるよって親切に声をかけてくださったり。

一人は寂しけど、やっぱり楽しかったな。
帰り道、ちょうど機動隊と方向が重なったので先に抜いて行ってもらいました。
その間も結月はお利口さんに端に避けて伏せてくれていました。
狭い場所でこういうことができるのは、本当に良い経験ですね。

中蒜山を折り返しながら、帰りは誰ともすれ違わないと思って歌ったり結月に大声で話したりと、楽しく帰ってきましたよ。
危ない人ですね・・・(--;

f0206270_1022524.jpg

一人も、そんなに悪くないな・・・♪
ちゃんと、繋がってるからね♪独りではない☆


さて、今回。
9:30頃スタート。山頂へは12:00着。
目安は110分くらいだそうですが、まぁまぁかな?結月の熱中症対策や、私の膝対策を考えてもこの時間はまずまず。
下山は13:00くらいから開始して、14:30くらいかな?
帰りは膝のストレッチをしながらと、キノコの写真とってたのでこんなもんでしょう。

私の膝、すごーいの。
大体膝を壊すだろうな、ってくらいの斜面だったけど。
今回は筋肉サポートのタイツだけで、膝サポーターなしで下山できました!
ちょっとだけ違和感があったけど、ストレッチでカバー。

よしよし、強くなってきたぞ♪
あとは心肺能力上がるといいな~!

次は、縦走したいな(><)
こればっかりは一人は無理・・・
誰か行かんかな?
7時間かかるので・・・私の場合、プラス2時間くらい・・・?もっとかな?

頑張りたいっ
誰か~行かんかなw



にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
にほんブログ村


[PR]
by Photto_dog | 2013-09-20 10:35 | 山・登山 | Comments(5)

本日、下蒜山をどうしても登りたくて単独で行ってきました。
一番不安だったのは、登山口までの道。
313はあちこちで通行止めだの、片側通行だの・・・。
でも、心配するほどもなく、313から428へ入ってから、「下蒜山登山口」の標識がありました。

でも、そこからがちょっとわかりにくい・・・
山の方向、ということで感覚的にいきましたけどね。
旧313の道で、少々不安になりかけたところで、目印の東屋が見えてきました。
これが一番ホッとしましたね。
意外と登山口までの道のりって、迷いません?私だけ?

一人ということで不安もあり、結月を連れていきました。
良い訓練です。


f0206270_20262717.jpg

まずは、湿原の横を通り山へ。
このあたりが、私は一番怖かったな。熊が出そうな雰囲気じゃ~ん(><)
でも、最強の熊避けのアイテム「犬」がいるから・・・
f0206270_20284026.jpg

熊、いそうじゃん。

f0206270_20285866.jpg

そして、下蒜山から登る人みんなが味わう地獄のような階段。
帰り道、階段を下りながらこんなに長かったかな?と思うほど、帰りも長かったな、この階段。
登るのはしんどかったけど、ここのところ自宅で時間と元気のあるときには、階段登りのトレーニングしています。
ザックに読まない雑誌を詰め込んで、それを背負って階段を上り下り。
少しでも、足腰鍛えたいもんね。
だからかな?しんどかったけど、めっちゃえれぇ~わ~!!と、までは思わずにすんだ。

写真撮ったり、休み休み登ったからね。。。

f0206270_20313033.jpg

そして鎖のある岩場。
ここは、どちらかというと登りより下りが危険でした。
大雨の直後ということもあって、この岩場も登りの道全体的に濡れていて、とてもツルツル・・・
私も下り、1回尻もちつきましたねぇ…
粘土っぽいような赤土は、つるつる度満点です。
簡易のスパイクとかあれば、足元に不安な人はいいかもねぇ。

捜索に出るベテランのおやっさんが、滑る山にはサッカーのスパイクの靴?あれ使ってるみたい。
犬についていけるように、靴を使い分けるのも、さすがですよねぇ。


f0206270_20352044.jpg


f0206270_20351099.jpg


f0206270_20354787.jpg


雲居平までくると、憧れの風景へ。
しかし・・・笹がすごく伸びてました(;;)
高いところでは、私はすっぽり隠れてしまうくらい。
しかも、足元も見えないので・・・
一か所、つるんといくところがって・・・
落ちる・・・落ちる・・・と、びびりながら歩いて行きました。
そして、帰りにもそれを忘れてて、同じところでツルンとなって、青ざめましたわ~w

155センチくらいの人は、頑張って息継ぎしながら泳ぎ切りましょう(笑)

f0206270_20375329.jpg

頂上に近づくにつれ、ガスが濃くなる・・・
こういうの、一人だとすごく不安・・・(T T)
f0206270_20384593.jpg

頂上は案の定、ガスの中。
真っ白で何も見えなかった。

それでも、ここまで来れてよかった。
ちょっと休憩して、ぼんやりして。
結月も伏せて休んでました。

笹の高いところは怖かったのか、私の後ろについて歩いていました。
それでいいんだよ。
怖くても、前へ前へと進めなくてはいけない時もある。
だけど、一つ一つ経験することで、ハンドラーを頼もしく思ってくれたり、ハンドラーに頼られ自分を誇りに思えたり、そんな、パートナーシップの根っこの部分が、こやって育つといいな。

f0206270_20465336.jpg


頂上へ上がるまでに4組の方々にお会いしました。
みんな親切に声をかけてくださって、一人で寂しかったけど元気をもらいました!
そして口々に「シェパードだ!」ってw
「おりこうさんだね」って褒めてくれました。
一緒に登山してたらね、なぜかそれだけで「おりこうさん」と褒められるのです。
すごいね、登山犬・・・

しっかり体力つけて、今度は縦走してみたいです♪

明日は久しぶりの仕事・・・
カメラの腕、落ちてませんように(;;)


ちなみに・・・
下蒜山の登山の目安は・・・

駐車場から下蒜山頂上まで100分。戻りは70分。

私は登り40分オーバー、戻りは20分オーバー。
ストップの効かないこのヘタレた膝・・・
鍛えてスピードアップしたなぁ。。


にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
にほんブログ村


[PR]
by Photto_dog | 2013-09-06 20:15 | 山・登山 | Comments(0)

7月30日。
大山のユートピアコースを登ってきました。
大雨の後ということで心配していました。

結論から言うと


行楽登山なら、砂すべりから元谷へ下りるのは止めたほうがいいですよ~


16日の大雨で、またまた元谷は大荒れ…
今回、砂すべりを下りるか、迷ったんですが…
同行した仲間が、ツワモノだったので、挑戦してきました。
コースとしては・・・

大神山神社~下宝珠~中宝珠~上宝珠~ユートピア~上宝珠~砂すべり~元谷~大神山神社


f0206270_2282587.jpg

登りは曇って風があったため、とても登りやすかった。
ユートピア避難小屋につくと、それも晴れて最高でした!
f0206270_22113046.jpg

この空に筋が入っているのはなんだろう?
雲ではなく、空気の色が違ってみえるんです。
同行者は「前線だ。梅雨前線だ」と笑ってましたけどw
なんでしょう?

問題の砂すべり
f0206270_22125042.jpg


f0206270_22115758.jpg


f0206270_22132029.jpg


砂すべりに降りるとこから、私は軽く悲鳴。
かなりの斜度。そして、土砂。
これ、一度転がったらもう、滑落ですやん。。
足がすくみました・・・

根雪もかなり広範囲で見えていました。
そして、ピチピチと嫌な音を立てていました。
案の定、誰が落としたわけでもない、自然の落石がありまして・・・
拳より一回り大きいくらいの石が、私の腰に当たりました。
先に行って、振り返ってみてくれていた人が落石を教えてくれたのですが、尻もちついてたしw
逃げ切れずに激突。。。
痛かった・・・
まだ腰とか、おしり部分に近いとこだったのでよかったです。
背中や頭、顔、足などでしたらかなりの痛手になってました。

というわけで。
観光協会の人もあまりお勧めではないようですが。

かなり、登山の常連さんじゃないと砂すべりは止めたほうがいいです。
来た道を引き返しましょう。
行楽登山なら、砂すべりは行かないことをお勧めします。

でも、登山としては天候は最高でした♪
楽しかった~!



にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
にほんブログ村


[PR]
by Photto_dog | 2013-08-03 22:05 | 山・登山 | Comments(0)

絆っていいな

f0206270_23135762.jpg




にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


[PR]
by Photto_dog | 2013-03-05 23:14 | 山・登山 | Comments(0)

青空と雪

f0206270_235776.jpg


f0206270_235207.jpg





にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


[PR]
by Photto_dog | 2013-02-22 23:05 | 山・登山 | Comments(0)