一日、一日と・・・

優太郎が旅立って、早くも一ヶ月です。
あっという間な気もするし、長かった気もします。
いないんだなぁっていう寂しさをふと感じたり。
写真を見てて、本当に雪遊びを楽しそうにしてるのを見て嬉しくなったり。
優太郎が残してくれたものは、大きかったな。

あれから、私は体調を崩して寝てばかり。
絶対安静ではないけど、すぐにお腹が張るので、張ったら安静。
でも、常に張ってるから、常に安静・・・
散歩さえできません。
最低限の家事を、調子のいいときにやるだけ。
犬の世話も、十分じゃないのが悲しい。
最低限のトイレとご飯は当然やってるけど。
それでも、動けないときもある。

なんかね・・・
みんな同じだから、とか、運動しなきゃとか言われるけど・・・
スーパーでの買い物でさえ、危ないのに。
言われたとおりにやって、何かあったら責任とってくれるんか?とか、思っちゃう。

体がしんどいと、精神的に参ってきちゃう。
ほとんど毎日は、のんびり過ごしてるけど・・・
重なるとね、いらいらが爆発しちゃう。

同じ妊娠周数の、同じ年の友達は元気に仕事をしてるのに・・・
とか。。
警察犬のことで、どうでもいいことでさ・・・何であなたが、それあずかってんの?とか。
まったく、どうでもいいことなんだけどねw

入院準備のために、40分ほど離れたところへ買い物に出かけました。
もちろん、旦那の運転で。
トータルで3時間くらいかな?休み休みで。
だけど、帰りの車の中で体調崩して、意識を失った・・・
これで3度目・・・

でも、血液検査も血圧も正常。。
これが妊婦の不思議な体調不良・・・
こういうふうにならない妊婦さんもいっぱいいる。
けど、私みたいに、ぜんぜん駄目な動けなくなる妊婦もいるんだなぁって・・・へこむ。

真夜中に捜索に出て、一晩中歩き回っても翌朝にはスタジオの仕事に行ったり。
訓練も登山もやってきて、体力はあると思ってた。
安定期に入れば、訓練も出来ると思ってた。

けど、ますます体調不良は加速・・・
入院だけは嫌!!と思って、医者の言うとおり、おとなしくしてる。
周りの人がいうように、歩けとか動けとか・・・今の私に死ねといってるようなもの。

はぁ。。。愚痴です。。。

ほぼ一日寝たきりで過ごす。
精神的に、かなりきます・・・

座って作業するにも、体力がなくてw
このブログも、かなり休みながら書いてるので、話が飛び飛びかも。

10年目にしてやっと授かった命。
幸せなのには間違いない。
だけど・・・しんどい・・・
歩くのも、下腹部が痛くなったり、ぎゅーって押し出されてくるようになるから・・・
本当につらい。
妊娠中って、もっとハッピーなのかと思ってた。

今日は、なんか精神的にいっぱい吐き出したくなった。
愚痴ですわ・・・


ちなみに、春ちゃんも、結月も、ころちゃんも元気です。
結月、シャンプーしてあげたいなあ。

あと2ヶ月。
あと2ヶ月。。。がんばろう。。。


にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
にほんブログ村


[PR]
by Photto_dog | 2014-11-28 21:02 | 私のつぶやき | Comments(0)

優太郎の訃報

f0206270_15384062.jpg



10月29日午前4時半を過ぎたくらいでした。
胃捻転のため、優太郎は旅立ちました。
前の晩御飯の時も、寝る前にも、いつもた変わらない優太郎でした。

異変に気づいたのは、午前2時過ぎ頃。
嘔吐をするような音に気づき、様子を見に行くと吐きたそうにしている優太郎が。
3年前に胃捻転を起こしたときは、早期発見、即手術で一命をとめためましたが、今回は時間が時間で…。
獣医をつかまえるために、病院や知人、訓練所に連絡しました。
旦那も真夜中に自宅に戻ってきてくれました。
お腹の大きな私は何もできない…。
訓練の先生が、真夜中にも関わらず我が家に来てくれると言ってくださったのは、とても心強かったけど申し訳なくて。
旦那が戻れば力仕事はしてもらえるので、とりあえず、お礼をいって、お断りしました。
本当に心強かった。

そうこうしてるうちに、異変に気づいて二時間くらいして、奇跡的に以前優太郎を手術してくれた、一番近くの先生に連絡がとれました。
急いで病院へ。
その頃、もう歩くことができなくなっていて、旦那が抱いて車にのせてくれました。
34キロの優太郎、今の私には抱えられない…。

道中、声をかけたらごそごそ動く音がしてたんです。
なのに。
5時前、病院に到着してドアを開けたら…もう、動かなくなっていました。
2度目の胃捻転は、助けることが出来ませんでした。
本当に突然のことで、呆然って感じでした。

唯一の心の救いは、あの苦しみのなか、優太郎を一人ぼっち逝かせなかったということです。
優太郎が大好きなパパとも会えたし、ずっと側にいられたからね。

警察犬の訓練、救助犬の訓練…
雪遊びや川遊び…
思い出はいっぱい。
落ち着いたら少しずつ、優太郎自慢を書き残したいなって思ってます。

30日、旦那がお休みだったので、一緒にお空へ送ってあげました。
たくさんの方がお別れしてくれて、優しい言葉をくれました。
本当に感謝です。ありがとうございました。

旦那にも、感謝。
ずっと私の体調を気づかってくれて、心配してくれていました。
私も安静の日々で、出血したりの後だったもので…
さすがに、埋葬の翌日は体調を崩し昨日はぐったり。
飲みたくなかったけど、病院からもらった張り止めをのんでひたすら横になっていました。

悲しいのと、苦しいのとで不安…
でもね、ここで何かあったら優太郎も悲しむだろうから、私がしっかりして新しい命を守らないと。
優太郎には、赤ちゃんが産まれたら、一緒に遊んでねってずっと話してたのになぁ。
みんなで、赤ちゃん迎えようねって、言ってたのになぁ。

本当に優しいシェパードでした。
お調子者で、シェパっぽくないとこもありました。
またいつか、優太郎がかえってきてくれると思ってます。
それまでは、お空でお友達といっぱい遊んで走って、楽しく過ごして欲しいです。

ブログでもたくさんの方に可愛がっていただきました。
心からお礼申し上げます。




にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
にほんブログ村


[PR]
by Photto_dog | 2014-11-01 15:38 | 愛犬との日常 | Comments(4)